ゆらぎスタイル(岡山栄子) > CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

地域資源の実生ゆずを守り地域創生に取り組んでいます。

ゆらぎスタイルは、大阪府箕面市には、接ぎ木ではなく無農薬で種から育てた「実生ゆず」の果実搾汁後のゆず皮から、天然アロマオイルを自社蒸留し、商品開発および販売を行っております。そのプロジェクトを中心として、障がい者雇用、健康サポート活動をおこなう人材育成、高齢者介護施設訪問など、各種地域創生に取り組んでおります。

地域資源を活用した商品開発および商品販売

地元企業として地域活性の一翼を担うため、自然豊かな北摂・箕面の奥地で育つ「実生ゆず」からスキンケア・自然食品のオリジナル商品の開発に取組み、廃棄ゼロ!を実現することが出来ました。

ゆずを使った商品は果汁を使用するものが殆どで、果汁をしぼった後のゆず皮は廃棄されてしまいます。しかも、ゆずの皮には揮発性の高い油が含まれているので、産業廃棄物として処理されてしまいます。

「ゆず皮の中の油には優れた成分がふくまれているのに…もったいない」これが、植物のチカラを知り尽くした私たちの商品開発の始まりでした。

障がい者雇用

「ゆず果汁の搾りかす」から、種や実を取り分ける作業は、単純かつ重労働でもあり、地域活性事業であるならばと、障がいのある人達にこの作業を手伝っていただき、実施研修としてやってもらったところ、根気よく丁寧にしていただけることがわかりました。また、作業者も楽しんでやっていただけることから、箕面市障がい事業団と連携して障がいのある人たちの実施研修を受け入れ、雇用体制を作ることができました。

Phyton Yuragist Association Japan (PYAJ)

変わる医療、セルフの時代へ

西洋医学中心だった日本の医学から『統合医療』という、未病から早期発見や予防、根治、健康増進を目指す医療へ変化し、また近年急速にサイエンスの研究が進み、これまで西洋医学では紐解かれていなかった脳の構造、免疫のメカニズムについて解明され、未病が科学的根拠に基づいて予防できる時代に進化してきました。

PYAJでは、目的に合わせて学び、時にはyuragistとして介護現場、子育て支援の現場で活躍。生きがい、やりがいを実感しながら、健康長寿社会の実現に貢献できるよう活動を積極的に行っています。

予防介護ケア / 有償ボランティア活動

健康長寿社会実現を目指して、平成21年 『yuragistによる心身の健康増進サポート活動』事業計画が経営革新企業に承認をうけ、yuragistの育成がスタート。現在、介護施設へ有償ボランティア活動で訪問しています。医務室と連携して、私達ができるケアや話し相手になったりしながら入居者の方が快適に暮らせる環境づくりのお手伝いをしています。

介護施設で働くスタッフの方には、五感ストレスケア、リンパケアを提供して心身の健康をサポートをしています。

 お問合せ

072-702-1735