ゆらぎスタイル(岡山栄子) > ゆずの健康&美容方法 > SDG’s つくる責任 つかう責任  〜人の肌、森の自然環境、どちらも喜ぶ社会活動を助けてください〜

SDG’s つくる責任 つかう責任  〜人の肌、森の自然環境、どちらも喜ぶ社会活動を助けてください〜

投稿日:2019/06/17

実生ゆず美肌成分たっぷり配合『ゆずモイスチャーローション』。人の肌、森の自然環境どちらも喜ぶ社会活動を助けてください。

「岡山さんって研究者みたいね!」と言われることが最近度々ありますが、実は今でも理系に詳しいわけでもなく、専門的な用語は理解できずにいます(苦笑)

私がエビデンスにこだわり、追求する理由は、ただただ「本当に安心して使えるものを使いたい」「情報を求める消費者目線を持ち続けている」こと。もう一方は様々な不調や悩みを抱えるお客様と関わるセラピストとして「自信を持って勧められる商品を扱いたい」この2つの強くて行動しているだけで、どこまで行っても産業側の人間です。

それなのに、どうして今のような体制まで実現できたのか、それは私の思いに協力してくださる研究者、医学博士のお力添えがあり、その出会いがなければここまで形にすることはできなかったと思っています。

アロマに携わる方ならご存知の出版社『フレグランスジャーナル』から月刊誌の特集で、『日本古来の原種『実生ゆず』コスメ原料の優位性』というテーマで原稿執筆のご依頼があり、これまでのエビデンスを公開する機会に恵まれました。

膨大な試験報告を整理しながら、改めて、実生ゆずから抽出した原料の素晴らしさを見直すと同時に、こういった大切な情報を商品共にお客様へ丁寧に説明していなかったと猛反省している今日この頃。

美白効果試験や、高い保湿力を表す結果など、老けたくない!そう願う人が求める成分が見事に含有されていた実生ゆず。

こんなに素晴らしいのに丁寧にちゃんとお伝えしていなかった。。。いや、表記も厳しく、ほとんど言えない日本の法規で、本当の魅力は口頭でしか伝えることができないのです。

大手化粧品メーカーのように資本力がなく、広告宣伝もかけられない小さな会社が、3,000個という生産ロットに挑戦して『ゆずモイスチャーローション』を商品化したものの販売力が弱く、さらに追い討ちをかけるように昨年の台風被害で店舗を移転せざるを得ない状況となり、販売に力を注ぐどころではなくなり、倉庫に残された『ゆずモイスチャーローション』の使用期限が迫ってくる事態となってしまいました。

そのような理由で、在庫セールをすることにしました。

纏めて買っても良いよ!って、ご協力くださる方には、超格安でご提供いたしますので、メールでご一報くだされば助かります。

 

ゆずモイスチャーローション

ゆずの果皮水がたっぷり美容液発想の新感覚化粧水

肌の角質層を贅沢な潤いで満たし、素肌の源となる巡りをサポート。肌の基礎体力をバランス良く保ち、環境や季節の変化にも揺るがないみずみずしさ溢れる素肌へ。フレッシュな香りが至福の時間を運びます。

 お問合せ

072-702-1735