障がい者雇用

地域資源で障害者雇用体制

おおさか地域創造ファンドわたしたちは、地元企業として地域活性の一翼を担うため、
大阪府地域創造ファンド・豊能地域支援事業の認定を受け、
「地元の名産品で徹底して地域活性化を!」と
廃棄される実生ゆず皮などを使った商品開発に取り組んでいます。

 

「ゆず果汁の搾りかす」から、種や実を取り分ける作業は、単純かつ重労働でもあり、。
地域活性事業であるならばと、障がいのある人達にこの作業を手伝っていただき、実施研修としてやってもらったところ、根気よく丁寧にしていただけることがわかりました。また、作業者も楽しんでやっていただけることから、箕面市障がい事業団と連携して障がいのある人たちの実施研修を受け入れ、雇用体制を作ることができました。

分別 - コピー

また、サロンにおける施術で使用するタオルなどリネン関係の選択は、
近隣の重度障がい者が働く作業所に業務委託をしています。専門業者に洗濯を委託すると、
必ず石油系の業務用洗剤が使用されてしまいます。皮膚の敏感なお客様にも安心してケアを受けて頂けるよう、
環境と肌に優しい洗剤を利用し天日干しで殺菌されたリネンを使用し。衛生面でも質の高いサービスが提供できています。
作業所側では重度障がい者のできる作業が増えたことで、1人ずつへの作業の配当金が増やすことができたと喜ばれています。

タオル

 

 お問合せ

072-702-1735